企業情報

SGCは金の精錬から製作、販売、買取まで、
すべてを手がけるゴールドカンパニーです。

SGCは、純度の高い金をつくる精錬工場を持ち、金工作家による製品の製作、店舗や展示会での販売、お客さまの貴金属の買取まで、金を一貫して取り扱う体制を整えています。金という最高の素材と確かな技術力で、お客さまの想いにふさわしい製品をご提供します。

精錬、製作、販売、買取の循環図
土屋 豊

SGCが金製品を取り扱い始めて30年以上の月日が経ちました。「有事の金」という言葉をお耳にされたこともあるかと思いますが、この激動の時代の中で、金はもしもの時の安定資産として昨今大変な注目を浴びています。
SGCの金製品は「金」という素材の魅力のみならず、美術工芸品としても高い価値を持ちます。仏像・仏具をはじめ置物や和洋食器など常時1,000点以上の商品ラインアップを誇る弊社ですが、大切な方への贈り物や自分へのご褒美、また子供や孫へ残す資産として、お客さまのいろいろな想いを込めてお買い求めいただき、その裾野が広がっていることを日々感じております。
黄金の国ジパングが誇る不滅の価値「金」に、国内有数の金工作家が息を吹き込んだSGCの金製品を、ぜひ一度お確かめください。

株式会社SGC 代表取締役会長土屋 豊

長石川 貴久

資産形成のイメージが強い金ですが、SGCが販売するのは作家がひとつひとつ想いをこめてつくった純金の作品です。つくり手の想いや情熱をお客さまに伝え、愛でる資産として身近において楽しめる作品をご提供するのが私たちの使命です。
SGCは2018年8月、新しいロゴデザインを掲げて、ブランドリニューアルを行いました。世界共通の価値を持つ金を素材として、自社工場や店舗を持つ一貫体制をいかし、伝統工芸やアートなど日本独自の技術やデザインを取り込んだオリジナリティあふれる商品開発を続けていく決意を新たにしております。
将来的には国内のみならず、世界において純金美術工芸品という新たなジャンルの確立を目指しています。まだ金製品をお手にとったことのない方々にも、広くその魅力を伝えていきたいと考えております。

株式会社SGC 代表取締役社長石川 貴久

会社概要

社名
株式会社 SGC
代表者
代表取締役会長 土屋 豊
代表取締役社長 石川 貴久
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座5-8-1 GINZA PLACE 10F
電話
03-6280-6517
設立
昭和26年6月8日
資本金
1,000万円
売上
421億円(2017年度実績)

取扱商品

  • 金製品及び美術・工芸品

主要取引先

  • (株)高島屋
  • (株)三越伊勢丹
  • (株)大丸松坂屋百貨店
  • その他全国百貨店
  • 三菱マテリアル(株)
採用について 作家育成について